ホーム当セレクションについて~製造者の皆さまへ~ > 対象品目・授賞制度について

当セレクションについて~製造者の皆さまへ~

対象品目・授賞制度について

「「食の3重丸セレクション」は、「日本産」で「環境にやさしく」「安心な」製品に賞を授与し、その製品づくりを応援します。このページでは、授賞制度の概要と、授賞までの流れをご紹介します。

授賞制度の概要

申請者 下記(1)~(17)の各品目を不特定の者に直接または間接提供している製造者で、かつ、当事務局に申請書類一式を提出した製造者とします。
授賞の
対象品
(1)米を原料とした製品
分搗き米を含めた「玄米」、「精白米」、「発芽玄米」、「もち」、「包装米飯」、「米粉製品」のみとします。ただし「米粉製品」は調理パン、菓子パンを除きます。
(2) 大豆を原料とした製品
「豆腐」、「豆乳」、「湯葉」、「油揚げ」、「凍豆腐」、「大豆飲料」、「納豆」、「煮豆」、「蒸し大豆」、「みそ・なめみそ」、「しょうゆ」、「乾物・製粉」のみとします。
(3) 小麦を原料とした製品
「小麦麺類」、「小麦パン」、「乾物・製粉」のみとします。ただし調理パン、菓子パンを除きます。
(4) 梅を原料とした製品
「梅干」、「梅漬け」、「調味梅干し」、「調味梅漬け」、「梅肉」のみとします。
(5) そば粉を原料とした製品
「製麺」、「製粉」のみとします。
(6) 野菜・果物を原料とした製品
「農産物漬物」、「野菜・果物ジュース」、「ウスターソース類」、「トマト加工品」、「農産物缶詰・瓶詰等」のみとします。ただし「トマト加工品」はトマトソース、チリソースを除きます。
(7) 一番茶葉のみを原料とした製品
(8) 鶏卵
(9) 採油原料植物のみを原料とした食用油
(10) 果実・野菜または花弁を原料としたジャム類
(11) はちみつ
ただし精製はちみつ、加糖はちみつを除きます。
(12) 食用植物油脂、食酢(もしくは柑橘類果汁)を原料としたドレッシング・マヨネーズ
※マヨネーズは卵黄および卵白も日本産であること
(13) 穀類・果実・野菜・その他の農産物を原料とした醸造酢
(14) 柑橘果汁を原料としたぽん酢しょうゆ
(または酢が本基準の醸造酢に適合すること)
(15) もち米・米麹を原料としたみりん
(16) 豆類・野菜類を原料とした乾物
豆類(大豆、黒豆、えんどう豆)、野菜類(干し椎茸、切り干し大根、ゴマ、エゴマ)
(17) 伝統食・郷土食
農林水産省選定「郷土料理百選」に該当するもの、地域独特の食品であること等
(18) 乾椎茸
原木乾椎茸
※対象製品は受賞申請についてのページの「対象製品」を参照してください。
※申請数は、一製造者あたり5件(製品)までといたします。
審査・判定 申請書類の内容を審査基準に基づき審査・判定(電話による問い合わせ等含む)し、それを満たしている製品については、その旨を当事務局より連絡します。
また、産経新聞・中日新聞紙面と当サイトで製造者と製品を公表します。
なお、授賞製品の製造者は自らその旨を公表することができます。
審査基準
(1) 日本産原料を使用していること (=食料自給率向上に貢献する)
(2) 環境にやさしい (=環境に配慮した製品)
(3) 安心である (=製造時に必要不可欠なもの以外を添加していないなど)
の3点をポイントに審査基準を設けています。 詳細は、審査基準のページでご確認ください。
実地検査 製品製造者に対し、有機加工食品JAS検査員資格者が立ち入り検査(抜き打ち検査を含む)を実施し、併せて市販製品の現物抜き取り検査との併用で、各品目の審査基準を全て満たしているか否かの確認をします。また、その結果は検査後に公表します。
※書類審査時に実地検査を行う場合もあります。
授賞の
取り消し
すでに授賞がなされた場合でも、実地検査によって当該製品が審査基準を満たしていないことが確認された場合、 または立ち入り検査を拒み、またはその協力をしなかった場合には、授賞を取り消すとともにその旨を公表します。
なお、悪質と認められた場合には、法的な手段を講じることもあります。

授賞までの流れ

当サイトより受賞申請された方に、申請書類を送付します。その後、書類審査を経て、授賞製品を決定します。授賞製品には定期的に抜き打ち検査を実施し、結果を当サイト等で公表します。

(1)申請書類による審査・判定

(1)申請書類による審査・判定

(2)実地検査による審査・判定

(2)実地検査による審査・判定
当セレクションについて ~製造者の皆さまへ~
検査報告
食づくり物語 受賞者レポート
食べてみました! 会員の声
特典がイッパイ 3重丸クラブ 会員登録はこちら